看護師の転職で気を付けたい事

看護師の仕事は比較的転職をしやすい職業ですが、転職の際に気を付けておくべき事があります。それは、 あまり何度も転職を繰り返さない事です。1度か2度であれば転職も良いですが、あまり短期間のうちに 何度も転職を繰り返すと、面接の際に良いイメージを持たれなくなります。

理由としては落ち着きのない、我慢強さや忍耐力がないと考えられてしまいやすいからです。看護師という 仕事はご存知の通り、夜勤もあり、救患などで呼び出しがあったり、体力も必要だったりと内容がハードになる 事も多いです。これが理由で転職をしてしまう方もいますが、他の職場が楽とは限らず、また転職を考えて しまうという方も少なくありません。

また、看護師は患者さんとのコミュニケーションが大切になってきます。ちょっとした会話や挨拶であっても あなたとの毎日の会話を楽しみにしている患者さんもいるでしょう。そういった時にあなたが短期間で出て いってしまうと、周りの患者さんもまた別の看護師の方に新たに対応してもらう必要が出てきます。時間が 経てば慣れるでしょうが、やはり精神的に負担をかけるという場合もあります。

経験が豊富で他から声がかかったなどの理由で転職を考えるとステップアップもしやすいですが、自分から 頻繁に転職をするのはキャリアアップよりも、収入が下がってしまうケースも多くなってしまいます。極力 ある程度の長期間働けるような仕事選びをした方が、後々後悔せずに済みます。目安としてはやはり3年以上と 考えるのが良いでしょう。雇用主側も一定の評価はしてくれて、マイナス評価を受ける事は少なくなります。

今の仕事が大変で、できるだけ他に早く移りたいという方もいると思います。けれど、少し我慢して、一旦 自分の将来についてのプランを考えたり、今の仕事について工夫ができないか、もしくは周りの人に相談してみる など、落ち着いてじっくりと転職活動をしていく方が、活動自体も、あなたの将来もスムーズに進みやすくなります。

ページの先頭へ