看護師の非公開求人ってどういうこと?

最近になって利用者が増えてきている<看護師求人情報サービス>ですが、 中には求人情報が非公開になっておりサービスに登録しないと求人内容を 閲覧できません。

閲覧できないと余計に「良い情報じゃないか?」と思って気になってしまいます。 ここでは「看護師の非公開求人ってどういうこと?」なのかを説明いたしましょう。

ナースバンクやハローワークでは誰でも求人票を見ることができますが こういった求人を<公開求人>と呼んでいます。 反対に看護師求人情報サービスのようにサービス利用者しか求人票を 見ることができない制限された求人を<非公開求人>と呼んでいます。

―― 公開求人と非公開求人は、どちらが良いのでしょうか?

非公開求人は登録しなければなりませんし面倒ですね。 情報はすぐに見たいのに手続きをしなければならないのはデメリットのような 気がします。私は自慢ではないですが何回も求人選びに失敗しており、 その失敗理由は<求人票の本当の見方を知らなかったから>だと思います。

ナースバンクやハローワークに通った経験のある人は分かるでしょうが、 いつ行っても似たような求人しかないことに気がつきます。 看護スタッフの入れ替わりが激しく離職率が高い職場で常に人手不足に なっている働きにくい病院です。

そして条件の良い求人の約80%は非公開求人である事実も見逃せません。 それ以外の約20%が公開求人ですからナースバンクやハローワークの求人は <はずれ>が多いことになります。

―― どうして、好条件の求人は非公開求人なのでしょうか?

それは、本当に仕事をする意欲がある質の高い看護師を必要としているからです。 時間がかかっても質の高い看護師を確保したいからこそ非公開にしているわけですね。 常に看護師を募集している病院は退職してしまう原因が隠されています。

以上、「看護師の非公開求人ってどういうこと?」なのかを説明いたしました。 <はずれ>の職場に就職してしまわないように非公開求人で最適な職場を 選んでください。

ページの先頭へ