通信制で准看護師から看護師へ

2004年の4月から、新しい制度が始まり、10年以上の実務経験がある准看護師が 2年間の通信制教育で看護師国家試験の受験資格を得られるようになりました。

今までは、看護師になるためには学校に通う必要がありましたので、准看護師が 仕事をしながら看護師を目指すのは難しかったのです。通信教育でしたら、 学校に通わなくても仕事の後に、自宅で開いた時間に勉強することができます。

もちろん通信教育を受けたからといって全員が看護師になれるわけではありません。 看護師国家試験を受ける資格を得られるだけですが、資格さえ与えられなかった ころに比べれば、大きな進歩であるといえるでしょう。

平成16年には、福岡、山口、大分などの県の3校の看護学校で通信制がスタート しました。現在では、全国に開校されていますので、看護師を目指す准看護師の 方は一度調べてみると良いと思います。

看護師になれば、キャリアアップも見込めますし、管理職になることもできる かもしれません。認定看護師や助産師・保健師などの他の資格にもチャレンジ することが可能になります。

看護師の資格は国家資格ですので、准看護師の県による資格よりも色々な面で 優遇されます。もちろんお給料も全然違ってきますし、仕事内容もより高度な ことができますので、やりがいも大きいでしょう。

後々まで、医療の現場で活躍することが夢なのでしたら、 看護師資格を取ったほうが選択肢が広がります。 看護師不足の今、医療に携わりたい人には、さまざまなチャンスが用意されて います。不況の世の中ですが、看護師資格を持っていれば転職も比較的容易に できます。

子育てなどで一度退職してしまっても、再就職もしやすいです。 優良な職場の求人も多く出ていますし、今の時代看護師資格を持っているのは、 かなり安心できることかと思います。

実務経験10年以上の准看護師の方は、是非看護師資格取得を目指して みてください。将来後悔しない選択をしてくださいね。

ページの先頭へ