外来で働く看護師について

外来の看護師というと、誰しも一度は接したことがある看護師でもあるといえそうです。今回は、看護師業界の中で言う、外来看護師について取り上げていくことにしましょう。 まず、外来看護師を一言で説明するとすれば、クリニックをイメージしてみると良いと言えます。

夜勤はなく、常時病院へ来た患者さんの対応をしたり、入院が必要となった時は手続きをしたりと、非常に忙しいイメージがあるものです。 思いの他、やるべき仕事が多く、初めて働く看護師であればついていくのがやっとということもあるといえます。

このように、どちらかというと、外来看護師はオールマイティーな存在といえそうですが、一番重要とされているスキルは、専門的なスキルではありません。 もちろん、看護師としてのスキルが高いことに越したことはありません。しかし、コミュニケーション能力が高い人ほど、向いている職場だといえるでしょう。

患者さんとコミュニケーションを取ることは、働いて行く上でとても重要となりますし、高齢者が多く通院してくる職場であれば、医師の代わりに分かりやすく説明する場面も出てきます。 また、混み合っている個人病院やクリニックでは、待ち時間が長くなってしまうことから、忙しい合間をぬってクレーム処理を行う必要も出てくるでしょう。

以上、クリニックで働く看護師についてご紹介していきましたが、一言でクリニックといっても様々です。時には、救急当番病院となっているケースもありますし、病棟があるクリニックもあるでしょう。 クリニックへの転職を考えるのであれば、このような様々なケースも考えた上で、転職先を探していった方が、自分に合った職場を見つけやすくなるといえそうです。

最近は、看護師専門の求人情報サービスを利用して、比較的簡単に仕事を見つけることができるようになりました。まだ、活用したことがないということであれば、無料登録してみると良いでしょう。 いくつか、利用者が多いところから、求人情報を探すようにすると、比較的早く仕事が見つかるといえそうです。

ページの先頭へ