アルバイト看護師の勤務、クリニック

看護師転職の勤務地の中にはクリニックがあります。診療所や医院のように規模が小さくて、病床の数が19以下もしくは入院できる施設がない病院のことをクリニックと言います。このような入院できる施設がない病院では外来患者の対応のみ行っています。様々な検査や注射、点滴といった処置が仕事の中心となります。

大病院と同じく、入院できる施設があるところでは夜勤もありますが、なければ日勤のみで当番医以外の時は休日は基本的にしっかり休めますし、水曜の午後も休みなので、急な患者さえこなければ看護師バイトの残業になることもまずありません。

そう考えると楽なように思えますが、外来の対応が中心のクリニックの 仕事では、いつ患者が訪れるかわからないのでスピーディーに処置を 施さなくてはなりません。したがって経験豊富でないと意外と大変なのです。

また、規模が小さいので、医師や他の看護師たちとの関係の構築もなかなか 難しいものです。医師はワンマンな人が多いようですし、その医師の性格を 把握するまではなかなか慣れずに大変な思いをすることもあるでしょう。

接する人が少ない分、スタッフに嫌われまいとしてストレスが溜まったりも します。さらに小規模であるが故に、細々としたところにまで目を付けられて しまい、些細なことで叱られたりして耐えられなくなって仕事を辞めてしまう ケースも少なくないようです。

クリニックというのは単独科目に近いので、非常に奥深くその科目について 熟知していなくてはなりません。大病院において注射が苦手だというのは 何とかなったとしても、クリニックではそうはいきません。

その科目については職人技が求められるのです。もちろんそのうちに慣れると 思いますが、それでも転職する際にはなかなか勇気が出ないという一因になる かもしれません。

しかしこれらを逆の発想で考えてみれば、規模が小さい分、医師や他の看護師、 患者とも親しくなれるかもしれません。ですから、もし夜勤は避けたいと考えて いる人にとっては検討項目に是非入れたい勤務地の1つだと言えるでしょう。

助産師を巡る現代の問題とは

助産師として働くことのできる場所というのはひとつではありません。病院だけではなく助産院や、保健所保健センター、また、母子健康センターなどもありますが、多くの助産師が勤務している職場といえば、やはり病院の産科でしょう。

勿論産科以外にも求人募集は掛かっていますが、産科での助産師の仕事といえば内診がメインです。元々助産師の仕事は、赤ちゃんを取り上げることといえます。ですが現状は他の業務が多いようです。

助産師は助産行為を医師とともに許されているはずなのですが、色々な理由もあり、赤ちゃんを取り上げる事が出来ない産科もあると聞きます。助産師の現在の人数ですが、看護師や保健師と比較すると大変少ないです。

そのため、それぞれの医療施設では、助産師の求人に積極的になっています。上記のように助産師不足の病院では、看護師や准看護師が内診を行うケースもあるようです。助産行為に関ることは、医師か助産師か出来ない行為なので違法となってしまい、訴訟にまでなってしまう事例もあります。

なぜ助産師不足が顕著なのかというと、助産師が業務にあたれる場が激減しているのもその理由のひとつです。上記でも触れましたが、産科にまつわる訴訟というのが最近では増加しつつあります。

出産時のトラブルというのが想像以上に多く、そのトラブルが訴訟にまで発展しまうのです。そうなると病院側は、訴訟のリスクを減らすために産科自体をなくしてしまいます。産科があること自体、リスクを生んでしまう可能性が低くない、そう考えるためです。

出産は病とは違います。ですから本当であれば、医師が全ての問題の元と考えることは違和感を感じますが、最近では何か事が起きるとすぐ訴訟、といった風潮が、助産師の活躍の場を奪っているように感じて仕方がありません。このような様々な現代の問題が、助産師不足の原因となっています。

とはいえ、悲観することはありません。助産師を必要とする声は地方を中心日々大きくなっています。自分らしい助産師としての働き方ができるよう、助産師に特化hした転職支援サービスなどを利用して、ぜひ活躍の場を見つけてみてくださいね。

助産師の求人と就職について

新しい生命を取り上げることのできる職業が助産師です。産婦さんやご家族と一緒に感動を分かち合うことのできるお仕事でもあります。そんな助産師さんですが、就職状況というものはどのようになっているのでしょうか。

看護師や医師のなり手不足と言われるようになってからだいぶ経ちますが、助産師もまた不足しがちな職業と言えます。助産師の供給は需要とあっておらず、就職先を探す事が困難だということはありません。いわゆる売り手市場だといってもいいでしょう。

助産師の就職先は病院やクリニックの他にも、助産施設や保健所保健センター、そして母子健康センターなどが挙げられます。助産師さんご自身の結婚や出産などで、1度お仕事をお休みされる方もいらっしゃると思いますが、再就職する際にも、求人案件に困ることはありません。助産師さんが公務員になることもあります。

公的医療機関や保健所が職場になったときです。 助産師というのは看護師資格を持っている上、専門職の強い職業といえます。医療に対する幅広い知識と、高度なテクニックが必要な、いわば医療のプロです。ですから求人に事欠くことなく、就職率もかなり高い水準をキープしているといえます。

とはいえ仕事内容的にはとてもハードな職業でもあります。赤ちゃんがママのお腹から生まれる時間を指定することはできませんよね。昼も夜も関係なく赤ちゃん産まれてくるわけです。

不規則な勤務時間は勿論のこと、これは職場によって違いがありますが、不定期な休暇や、2回、3回交代制の勤務時間、日勤だけではなく、夜勤を求められることもあるという事で、タフな体力がないとなかなか体力的に厳しい職業ともいえます。

幅広い観点から見ると、現在は売り手市場の助産師という職業ですが、将来的には少子化問題が響き、供給過多になる可能性も心配されているようです。

ところで助産師は、助産院を自分で開業する権利を持っているため、キャリアを積んで助産院を開くことによって、通常の収入よりも高い収入を手にすることも可能です。また、近ごろでは助産師不足が大きいため、上記で挙げた開業助産院で人手が足りないときのサポートとして、助産院と病院がお互いをフォローしあう、という形も増えてきています。

助産師は体力的にきつい職業だといえますが、女性にとっては長期にわたって努めることのできる職業でもあり、感動とやりがいを感じられる職業だと言えるでしょう。

助産師の現状とは

助産師の将来性についてお話しさせてください。 近頃相次ぐ産科の閉鎖が社会問題となっています。出産にまつわる訴訟が最近増えているため、閉鎖する産科が増えているのです。産科がなくなってしまうと、赤ちゃんを出産する場がなくなってしまうため、減ってしまった産科医を埋めるべく、助産師を求める声が高くなってきています。

とはいえ大病院などでは、今も多くの産科医が業務に当たっていますが、これは個人経営の産科クリニックなどが減ってしまったために、大きな病院の参加へと、出産を控えた妊婦さんが多く集まっているためです。

そうなると大病院の産科医の数が足りなくなってしまいます。大病院の参加では助産師の求人を常に出している状態ですが、残念ながら助産師を集めることはなかなか難しいのが現状です。違法と解っていながら看護師たちが助産師のような業務をこなすことになり、病院が起訴された、などという事件も起きています。

助産行為は、看護師では行う事ができません。お医者さまか、助産師しか行ってはいけないのです。

ですが助産師の仕事である赤ちゃんを取り上げる業務を、医師のみが行ってしまうことも少なくなく、助産師が果たすべき役割を行えないといった矛盾も問題のひとつになります。ですから大病院に勤めている助産師の数はどんどん減っているのが現状です。

では産科専門病院ではどうでしょうか。答えから言ってしまうと、産科専門の病院などでは、生き生きと業務にあたっている助産師たちは多いです。助産師は国家資格になります。ですが、助産師の役目を果たせないとなると、せっかく取った資格もただの紙切れですよね。

自分らしく、助産師として働くためにも、転職を考える助産師たちは多いです。そしてほとんどの助産師たちは、看護師や助産師に特化した転職支援サービスなどを活用しています。

一般の求人では手の届かない内容の求人情報を、転職支援サイトは持っています。 せっかく助産師として受け入れてもらったはずなのに、回ってくる仕事は雑用しかない、では困ってしまいますよね。

助産行為を行うから、助産師は生き生きと活躍できるのです。転職支援サービスなどでは、法の目を抜けるための求人ではなく、しっかりとした情報を提供してくれています。自分らしく働くためにも、上手に活用してみてください。

ページの先頭へ